2008年03月17日

CS Lite 1.3.5 日本語版 Fx:[2.0-3.1] / Tb:[2.0-3.0a1pre]

Cookie受付設定の管理する拡張機能
CS Lite 1.3.5 日本語版
 Firefox [2.0-3.1]
 Thunderbird [2.0-3.0a1pre]
拡張機能の保存はコンテキストメニューの「名前を付けてリンク先を保存」から行って下さい

※ 拡張機能は全て日本語ロケールのみの構成です
posted by 電網探題 at 23:59 | トラックバック(0) | 電網探題 | 編集

Firefox3.0 b4 導入録 hostperm.1編

Hostperm.1、というかアクセス制御ファイルが何やらSQLiteになっていてテキストエディタではいじれないようになってますので、専用のツールが要りそうです。SQLite Managerとか。
hostperm.1に関して言えば、ファイル名はpermissions.sqliteに変わっていて、cookie,install,popupはオプションからいじれるので良いとして、scriptをいじるには上のSQLite Managerが必要な模様。
使い方はこの辺。パッと見ていまいち分からないようなら専用ツールの登場を待った方が無難かも知れません。
posted by 電網探題 at 20:06 | トラックバック(0) | 電網探題 | 編集

Firefox3.0 b4 導入録 セキュリティ編

Firefox3.0のβ4をインストール。プロファイルは新規で移行は無し。

久しぶりに素のブラウザでネットを回って一番驚いたのは広告の多さ。Stylishで切りまくっていたので忘れていましたが、凄い量。ネットがラジオや雑誌の広告量を抜いたというのを今更ながら実感。

で、何はともあれ普段使っているネットサービスが使えないのは不便なのでそれらの登録を行うことにし、ついでに使っていないサービスを解約。今までルーズリーフに登録内容を全て書き留めていたんですが、面倒だし更新しづらい(パスフレーズの変更なんて手間掛かりすぎでまずしない)ので、ID Managerを使うことに。それをUSBのメモリリーダライタSDメモリカードを指して外部に保存、、、しようと思ったのだけど上手くいかない。
結局「コンピューターの管理→記憶域→リムーバブル記憶域→ライブラリ」の当該項目のプロパティの「セキュリティ」で「Users」による変更を許可することで解決。

各サービスを登録していくついでにパスワードも最長で乱調なモノに変更していったのですが、数年前に登録したサービスのパスワードがこの上なく安易で愕然。パスが名字って…。ID Managerでパスフレーズ生成させて変更の上でFx3に登録。Fx3はパスワードの記憶する/しないが選択式で、誤登録を消す手間が減って使いやすくなってました。

先日なんかの記事で見たSecure Loginを使ってログインを安全・簡単にすることに。現時点でFx3.0β3までしか対応していなかったのでそこだけ書き換えれば普通に使えます。ついでにいつものように日本語以外のロケールは削除。これを使うとログインが簡単になる副作用でログアウトを以前よりもしっかりするようになれたりします。

更にというか、Cookie管理用にCS Liteを使う。これも対応バージョンがFx3.0β2までなので書き換え。日本語ロケールも入っていますが、ついでなんでロケールも自分好みに1から編集。

CS Lite 1.3.5 日本語版

省力化の為、FirefoxとThunderbirdで一通り使ってみて表示された英文しか訳しておりませんのであしからず。設定は原則拒否の例外許可。

とりあえず最低限のセキュリティ設定はこの辺で完了。
タグ:CS Lite Firefox3
posted by 電網探題 at 10:50 | トラックバック(0) | 電網探題 | 編集

半年ぶり…

すっかり忘れてましたがエレワ(@mmtsgzkwys)が復活したので私も頑張ります。あとFirefox3も出そうですし。
これからはやる気を失わないように気楽な内容で更新していきたい所存。

●Seesaaカスタマイズ
・カテゴリの廃止
 カテゴリは全廃はできないので「電網探題」に一本化。
・タグによるカテゴリの代用
 柔軟なタギングに移行。そもそも使い分け方法も分からなかったし。
・コメントの集約
 最初にページのみコメント可にし、そこを伝言板として活用する。
 併せて右リンクツリーのトップにリンクを掲載。
posted by 電網探題 at 10:08 | コメント(0) | トラックバック(0) | 電網探題 | 編集

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。